雨安居とカティナ衣法要

雨安居とは、お釈迦様の時代に定められたもので、それまで行脚托鉢をしていた僧侶方が雨季の間だけ一ヵ所に定住し、修行に専念するものです。 安居の期間中は在家の仏教徒が食事を運び、お坊様から説法を聴く習慣がありました。 雨安居 … 続きを読む 雨安居とカティナ衣法要