ウェーサーカ祭レポート②5月8日なかのZERO[準備編]

2022年5月8日(日)のウェーサーカ祭記念式典は、3年振りに一般公開で行いました。

ボランティアスタッフは、朝8時半になかのZEROホール前に集合です。ホールのオープンは9時ですが、その前に全体でミーティングを行います。

今回もたくさんの方に協力していただきました。全体で集まるこの感じも久しぶりです。

朝9時の施設オープンからお客さんが来場する10時まで、1時間しかありません。短い時間で舞台の設営や、受付・書籍販売コーナーなどの準備をします。

まずは、大きな仏旗を舞台の左右に吊ります。
お釈迦様を載せる台座を設置しています。事前にしっかりシミュレーションしていますが、本番は時間との勝負です。
台座が整ったらすぐにお花の飾り付けです。聖水も準備します。
同時進行で受付も準備中。お客さんにお渡しする施本などもたくさんあります。
書籍のセッティング。サンガ新社さんにも来ていただきました

当日は風が強かったので、開場時間まで向かいの本館で待っていた方も多かったようです。入場は密にならないように間隔を開け、10人ずつ分けて受付しました。

入場待ちのお客さんの列。

花を持参された方には、思い思いに舞台上のお釈迦様に献花していただきました。

献花は、開会前とお昼休みにも行いました。
たくさんのお花で飾られたお釈迦様

10時30分になると、開式を告げる法螺貝の音でウェーサーカ記念式典が始まりました。

法螺貝の音は近くで聞くと迫力があります。

後半へ続く…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。